使いやすく片付けるコツ~収納を集約しましょう!

今回のインテリア相談は、戸建住宅にお住まいのM様。
「ダイニングの空間をうまく使えていない」という悩みでお問合せ頂きました。

すっきりした暮らしをしているのですが、どうやら「家具が多い」のです。

そして、よく見るとうまく使えていない家具もありました。

家具が多くなり、たくさんの収納家具があるのに上手く使えていない理由は!?
女性建築士がインテリア相談にてアドバイスしてきました。

同じ種類のものが分散していることに着目!

物がうまく収納できないので「家具を買い足す」ようにしていたM様邸。

すっきりと暮らされているようで、よく見てみると、同じ種類のものがそれぞれ違う場所に分散していることに気づきます。

例えば・・・
家電置場が2か所に分かれています。

全部の家電が置けるように配置し直した方が良いなと感じます。
今は置けないから置くための家具を置いている、という印象です。

これ以外にも、プリントを貼る場所、カバン置場、帽子置場が分散している点が気になりました。

キッチン周りも家電が分散しておかれています

なぜ、ばらばらに置いてしまうのか?

ものを置くときに同じカテゴリーの物が分かれて置かれる理由はいくつかあります。

ひとつは、置く場所が無いケース。
もうひとつは、両方の場所に置く必要があるケース。

両方の場所に置く必要がある場合は問題ないのですが、置く場所が無い場合は「使う場所」と「置く場所」の見直しが必要です。

実際に使う場所、置きたい場所の近くに
「そこに置かなくてもよいもの」
が置いてありませんか?

キッチン横で頻繁に使うものを収納できる小引出の収納

必要なものを、必要な場所に置くことからスタート

M様邸は使いにくいところこそありましたが、基本的にはスッキリ暮らしていましたので、まずは「必要な場所」に集約してものを置くようにアドバイスしました。

帽子とカバンは玄関前の廊下のクローゼットに。

書類はダイニングに一か所にまとめて。

テレビ横のとても便利な場所の収納に使わないものを置いているので、頻繁に使うものを優先して収納してあげる。

そうやって、必要なものを集約しておくと暮らしやすくなります。

「自然に置いてしまう場所」が収納をつくるべき場所

生活のリズムの中で、自然に「置いてしまう」ことがあるのですが、それは実はすごく素直な行動です。
その行動に忠実になると、負担のない片付けもできますし、必要な収納も見えてきます。

よく見られるのがキッチンカウンター下のダイニングテーブル。
インテリア相談で伺う家では、必ずと言っていいほど、リモコンやティッシュボックス、書類などが置かれています。

それが悪いと言うことではありません。
そこに置いているものは、ダイニングテーブルで必要だと言うことなのです。

だからこそ、ダイニングテーブルに置いてしまうものを、その便利な場所の近くに収納できればOK。すっきりした住まいが作れますよ。

シンプルな家具でおしゃれなインテリアに

キッチンカウンター下部に収納を設けておけばすっきり!

このような相談、本当に住まいの設計に役立っています。

みなさんの悩みが、家事が楽になる住まいのカタチに変わるのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です