インテリアテイストは統一しないといけない?「インテリア相談」で住まいの悩みに寄り添う

やさしい灯りのペンダントライト

インテリアテイストって家の中で統一しないといけないものなのでしょうか?それとも雰囲気やテイストが異なる物を取り入れても良いのでしょうか。

インテリア相談で訪問したご相談者の家は、一生懸命考え抜いて作られたお住まいでした。でも、相談者にとってなぜかうまくいかなくて納得がいかない。

住まいのテイストを統一したら良いのか、それとも違っても良いのか。統一させてみようといろいろ工夫してみたけれどしっくりこない。そんな相談者の悩みにお答えしてきました。

みゆう

建築士事務所を営み、住まいの設計をしている女性一級建築士「みゆう」が書いています! 自身の母親としての悩みと経験を活かして、子育て中のパパママの家事・育児負担を減らす家をデザインしています!この記事では「インテリア相談」について書いています。

家のテイストは統一しないといけないのか?

インテリアに敢えて違うテイストを混ぜようとすると、その異なるテイストのせいで「ちぐはぐな空間」に感じてしまうことがあります。その理由は大抵、同じ「シーン」の中でアンバランスなインテリアパーツが配置されるからです。

たとえば、モダンなインテリアテイストのリビングにカントリー風の照明やダイニングテーブルが使われている。

そこにはおそらく違和感を感じるのではないかと思います。

逆に言うと「違うシーン」であれば、テイストが変わっても大丈夫と言うこと。
つまり、家のテイストは、家全体で同じでなくてもよいのです。

インテリア相談にいくと、そのシーンについてのアドバイスをすることが多いなと思います。

いろんなインテリアテイストを取り入れても落ち着いた居心地の良い家を作るためには、「シーンが切り替わる場所」を意識することが大事です。

扉の内と外でシーンが切り替わる

トイレのシャンデリア

「シーンが切り替わる場所」とは、例えば「扉の内と外」。
例えば、トイレ。トイレには必ず扉があるので、トイレは他のインテリアと完全に分けられる場所でもあります。

トイレだけゴージャスにシャンデリアを設けたり、トイレだけアクセントクロスを使ったり。
トイレでなくても、寝室、子ども部屋、洗面所など、扉で明確に他の部屋と分けられる部屋であれば大丈夫。

家全体が白ベースでナチュラルなインテリアだけど、寝室だけは落ち着いたダークトーンの部屋にしたり、洗面所だけ花柄の可愛い壁紙を使ったりしても良いのです。

そのとき、扉の色や質感はどちらのインテリアにも合うものにしておくことが大事です。

一体の部屋でも、居場所によってシーンが切り替わる

キッチンの面材を変える

インテリア相談でアドバイスをすることが多いのがLDKのように一体となっている部屋の場合です。
一体になった部屋の場合はできるだけ統一感を持たせた方が良いのですが、見える場所によってそのテイストを変えることも可能です。

例えば上の写真のキッチン。こちらはキッチンの内部は床がタイルになっていて床暖房が入っています。内側のキッチンの面材は濃茶のレザー調のものを使っています。

しかし、窓側はアルミ扉を使って透明感のある雰囲気にしています。

その場所で見えているもの、シーンでインテリアを統一させる

キッチンを囲む家のオーダーキッチン

大事なのは、その場所で見えているもの。つまりシーンです。

インテリアの統一感!と頭で考えてしまうと同じテイストにしなければいけないと思いがちなのですが、その場面で見えるものに統一感があれば良いのです。

インテリア相談の時は、相談者とそのシーンを一緒に見て、違和感がある物を一緒に感じ、改善するポイントをアドバイスしています。

参考 キッチンを囲む家(新築住宅)みゆう設計室ホームページ

家でテイストを統一したほうがよい部分

イメージをかたちにしたスペース

新築住宅を建てる時、またリノベーション工事をする時などは家でテイストを統一したほうが良い箇所があります。

一番、家でテイストを統一しないといけないのは「窓」かなと思います。
家の外から見たときに窓(サッシ)の色が異なると違和感を感じるからです。

上の写真の家は、リビングダイニングは木製窓、それ以外は白い枠のアルミサッシを使用しています。木の窓を強調するために、他の窓は外壁と同じ白にして目立たせないようにしました。

このように窓を変えるのも可能ですが、外観で統一感を出すのは少し難しいかもしれないので、そのデザインはプロに任せた方がよいかもしれません。

参考 森を望む家(新築住宅)みゆう設計室ホームページ

インテリア相談で先入観をなくす

色んなインテリアを楽しむためには「シーン」を理解すれば、それほど難しいものではありません。ただ、そのシーンをインテリアを作る前にイメージして形にするのがプロの仕事なのかなと思います。

今日のインテリア相談では、ダイニングとリビングの照明の入替をご提案しました。

照明ひとつ、入れ替えるだけで空間がぐっと引きしまります。
意外とその家で暮らしていると「先入観」で「そうしなければいけない」と思ってしまうことが多いようですが、些細なアドバイスで先入観を取り払うことができることもインテリア相談の魅力のようです。

住まいのバランスを知る

アイテムひとつの配置でも空間の居心地の良さは変わります。
インテリア相談で、この「バランス」を知ることに満足される方は確かに多いですね。
いろんなおしゃれなインテリア本などを読んで、そのカタチが好み!と思っても自分の家事の仕方にはフィットしないこともあります。

家事の仕方についてお話するとその方の性格まで見えます。
そのお話から、キッチンのかたち、収納家具のかたちも決まってきます。

今はいろんな情報があふれているからこそ「素敵なインテリア!!」「素敵な暮らし方!!」と思う「住まいの憧れ」があって当たり前。
でも、その暮らしが自分に合うのかどうか、自分らしく憧れにフィットさせるにはどうしたらよいか、困ったときにはインテリア相談にご依頼くださいね。